大須、麻芽さんに納品に行きました

今日は大須の麻芽さんに納品にいきました。

トミーさんの素敵なレイアウトでブローチがきれいに並んだ!

 

レイアウトや什器って大事だなあ。そして並べるセンスも。

私にとって永遠のテーマだ。

 

トミーさんと旅行の話や健康食の話で盛り上がる。

パソコンをあまりひらかなくなった・・という気持ちわかるなあ。

そして、皆が一斉に行く方向や人気なものを選ばない。

「ちょっと、へんてこなもの」を選ぶセンスもいいなあ。

作家さんの作品も、他のお店には置いてないものが多い。

 

お店の名前の由来をきいてほっこりする。

店頭に飾られたとりプリントバックは、障がい者支援施設にお願いしている。

何度か施設の人の納品の時に一緒になった。

そういうことを、大げさにせず、さらっとやってるとこがいい。

 

 

そして大須から瀬戸へ。注文のくじらの箸置きの釉薬をかけに工房へ。

久しぶりの瀬戸は寒かった。

還元の焼成はガス窯だから、当分焼かないけど春になる前には焼けるそう。

今年は、他の仕事の配分を考えて、去年みたいに無茶せずたのしく行こうと思う。

釉薬や製作体制を考え直そう。

 

 

大須の麻芽さん、お店はこちらですよ〜。
http://atelier-mongol.com/